ガイドライン



年齢

ワーキングメモリが重要な役割を果たすのはこんな時です

ワーキングメモリをトレーニングしたほうが良いと思わるサインは

未就学児

  • あいうえお、文字をおぼえる
  • 「歯を磨いて」というような短い指示に注意を向ける 
  • パズルのように自分だけでやる活動で、おとなしく座り続ける
  • 文字や数字を覚えるのを嫌がるまたはできない
  • ちゃんと理解するまで注意力が続かない。 指示に従えない
  • じっとしていられず、すぐにほかの事をやろうとする

小学校

  • 書かれているものを読んで内容を理解する
  • 暗算をする 
  • 校庭で遊ぶといった仲間との活動で、適切に受け答えをして意思疎通する
  • 読んでも理解できない、または内容を覚えられない 
  • 計算の過程で値を覚えながら進めることが困難である 。九九表を記憶することに困難
  • グループでの活動が困難 (例:順番を待つ); 友達を作れるが、関係を保てない 

中学校

  • 一人で宿題を完成させる 
  • ダンスの授業等がある場合、予定に合わせて必要なものを用意する 
  • 複雑な数学の問題。特に文章題のような、段階を踏んで数学の問題を解く場合 
  • サッカーのように集団で行うスポーツをする 
  • 見てくれる人なしでは、宿題を始めたり終わらせることが出来ない 
  • 活動に必要な物を用意するが、肝心なものを忘れてしまう 
  • 問題を読んでも、理解できる単位で内容を分けることが出来ない 
  • チームプレイヤーとして機能するためのゲームのルールを理解するのが難しい

高校

  • 車、バイクの免許をとる 
  • 社会生活での役割を理解し、社会的状況から自らに要求されることに応える 
  • エッセーやレポートを書く
  • 空間の認識、交通ルールを読んで理解することに問題がある 
  • 人の話をさえぎったり、喋りすぎたり、 他人の話を聞かない 
  • エッセーやレポートは短く、ずさんな感じで、 まとまりがない。整理された一貫性をもった論文を書くことに困難
大学
  • 会話において注意を向け、話についてゆく
  • 期末試験のために勉強する試験勉強といった、プランを立ててそれに従って実行していくことをする
  • グループプロジェクトに参加する
  • 講義の間、集中力と興味を持続する 
  • 会話の中で突然話題を変えたり、無関係なことを言う
  • いつも先延ばしにする;試験の前夜にパニック
  • グループプロジェクトで人の話を聴かない、参加しない
  • 講義のあいだ、聞いていることが困難講義中に寝てしまったり、他の事を考える

成人
  • 時間通りに仕事を始める
  • 仕事の締め切りを守る
  • 仕事の中で優先順位をつける
  • 家族の中での葛藤をうまく扱う 
  • 頻繁に仕事に遅れる
  • タスクをやり終えるのに必要な時間をしばしば低く見積もってしまう
  • プロジェクトを管理する能力が必要な段階に入るには問題がある
  •  供や配偶者に対してしばしば激しく怒る
シニア世代
  • 働いているシニア世代に関しては、成人と同じことがあてはまる
  • 自分で計画したことをその通りに行う
  • 自分の持ち物や活動について整理する
  • 重要な金銭的取引を扱う
  • 物忘れ
  • 注意が散漫となる
  • 会話中に何について話していたか判らなくなる
  • 眼鏡や携帯電話、鍵のような大切なものを置き忘れる