D君 小学校低学年

保護者が評価した行動面の変化

保護者の方に記入いただいたトレーニング前の評価によると、学校で先生の指示に従うことやお友達を遊ぶことが難しいなど、不注意、多動性・衝動性とも関連する困難さがあったようです。

トレーニング後の評価では、授業中に一人で課題に取り組むことはまだ難しいようですが、不注意、多動性・衝動性とも評価得点が減少しており、行動面で大幅に症状が改善されたようです。

まとめセッションで聞かれた感想

トレーニングを終えて、Dくんは、トレーニングについて「やってよかった」と言っています。最後まで取り組めたことの満足感はあったように感じました。

お母さんもトレーニングを息子さんにとって、ゲーム感覚ながらも、ひとつのことをやりとげたことで、達成感を味わえたのではないかと言っています。

トレーニング中に間違ったとしても、それを引きずらず自分で立ち直れるような、気持ちや衝動性のコントロールができるようになったそうです。

イライラしなくなったり、教室の場面でも「落ち着いていた」という評価もあったようでした。

また、家族で協力してできたという印象があり、今回の体験を通して得た達成感や自信を是非、維持して欲しいと願っています。

Dくんに見られた主な効果は、

  • トレーニングを最後までやり遂げたことへの自信
  • 間違えても不安定になることなく、次の課題に向かえるようになったこと

Cogmed Japan