T君 小学校低学年

保護者が評価した行動面の変化

保護者に記入いただきました事前・事後のアンケートの結果によると、「注意」に比べると「多動性・衝動性」はもともとあまり強くありませんでしたが、双方ともに大幅に改善していると思われます。Tくんも忘れ物をあまりしなくなったと実感しているところからもこの改善がみられます。

まとめセッションで聞かれた感想

トレーニングを終えて、Tくんは、学校で忘れ物をしなくなってきたことを実感されています。また、トレーニングを開始してから、友達も少し増えたと感じているようです。Tくんは、トレーニング自体がとても楽しく、ご褒美をもらったことも励みとなったと言っています。

お母さんは、トレーニングが息子のTく んにとって「楽しいもの」であり、非常に前向きに取り組めたとおっしゃっています。トレーニングに取り組むモチベーションも最後まで下がることなく持続 し、トレーニング協力者として大きな困難を感じることなく終了したとのことです。トレーニングを行ったことで、以前に比べてレスポンスがよくなり、言ったことは忘れずにやってくれることが多くなったと感じているようです。また、以前は多かった学校での落し物も 最近減ってきているように感じられるそうです。このような小さな変化の積み重ねにより、Tくんを叱る回数も減り、お互いにいい関係になったと感じていらっしゃいます。さらに、Tく んの兄からも弟の能力を認める発言があったり、兄弟の関係もよくなり、一緒に遊ぶ姿も見られるようになったということです。また、学校の先生からも、学習 中の受け答えの速度が以前より速くよくなった気がすること、発表の回数が増えたこと、話を聞けるようになった気がすること、声がけなしに給食当番を自分か ら行っていたこと、笑顔が増え、前向きに頑張っている姿が多く見られるようになった、などという学校生活における変化を実感されているコメントがありまし た。

あなたのお子さんに見られた3つの効果は以下の通りです。

  • レスポンスがよくなったこと
  • 言ったことは忘れずにやってくれることが多くなったこと
  • 落し物が減ったこと

コグメド・ジャパン

Cogmed Japan