W君 男の子 14歳

保護者が評価した行動面の変化

保護者の方にご記入いただきましたトレーニング開始前・終了後のアセスメントの結果によると、不注意及び多動・衝動性の症状は、大幅に改善していることが示されています。

まとめセッションで聞かれた感想

トレーニングを終えて、W君からは、「楽しい時もやりたくない時もあった」「変化は感じていない」といったコメントを頂きました。

お母様からは、W君にとって「葛藤場面もあったが拒否することもなく、全体として楽しくできた」といったコメントを頂きました。

W君に見られた顕著な効果を具体的に3つ挙げると以下の通りになります。

  • 学校のテストの結果をみると、学習したことが結果に反映されるようになった
  • 試験準備などで、段取りつけて行動することができるようになった
  • 経験と照合させながら問題解決ができるようになり、行動が落ち着いてきている。

Cogmed Japan